社長あいさつ

創業時は一級建築士事務所としてスタートしました。
設計から建設、アフターメンテナンスに至るまで、全ての責任を来たすため一貫して自社直接施工を行ってきました。“工事の下請けは行なわない、工事の丸投げも行なわない”というポリシーの元、新築工事部門に加えて1991年不動産部門を創設、1993年、リフォーム工事部門を加えて住まいのトータルサービス3本柱となりました。

これまで数多くの建物を作ってきました。その用途は、住宅を中心としてホテルや商業施設、医院や老人介護施設、工場、事務所、動物園等と幅広く対応してきました。
構造的には、木造・鉄骨造・RC造・混構造とそれぞれの特性と長所を活かした数多くの建物づくりを行なってきました。 それらの実績や培ってきたノウハウを元にお客様のご要望に対し「プロとして期待以上の仕事をする」という思いを込めて、スタッフ一同精神誠意取り組んでおります。

建物は、ある意味個人のものであると同時に、その街の公共的な部分も担っています。
個人住宅にはそれぞれの家族の歴史もあります。又、その人なりの嗜好もあります。
そのあたりの事情を総合的に考慮しつつ、プロとして、それらに構造や設備や安心安全といった技術、平面や立体やデザインや素材といった心地良さを加え、ある程度その家なりの個性を追求した建物づくりを行なって行きたいと思っています。
これまで作らせていただいた数多くの建物を愛しつつ、新たな挑戦としてこの日本という風土に合った木を主材とした「家族と共に成長していく家づくり」も追及していきたいと思っております。
ハウスメーカーではない地場工務店でもない、設計事務所が主導するような家でもない、「本当にしたい暮らし」を形にするお手伝いが出来ればいいと思っています。

代表取締役 一級建築士 蓑田 常弘

→ブログのトップへ戻る
→会社ホームページへ
プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)